スポンサーリンク

「頃合いを見計らって」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「頃合いを見計らって」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「頃合いを見計らって」という表現をしばしば耳したことがあるはずです。

この記事では、「頃合いを見計らって」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「頃合いを見計らって」とは?意味

「頃合いを見計らって」(ころあいをみはからって)は、大人の会話でしばしば耳にする表現です。

「頃合い」「丁度良い時機」という意味で、「見計らう」「見当をつける」という意味があります。

このことから「頃合いを見計らって」「丁度良い時機の見当をつける」ことを示しているのが分かります。

もし「〇〇さんにはもう知らせたのですか?」との質問に、「頃合いを見計らって知らせます」との返事があれば、それは〇〇さんに知らせるのに丁度良い時機の見当をつけて知らせるとの意味になります。

「頃合いを見計らって」の概要

「頃合いを見計らって」は使いようによっては便利な表現です。

とりわけ「すぐに何かをすべきではないと考えている時」や、「特定の日時や時間を指定できない場合」においては「頃合いを見計らって」と言えば相手に「もっとも好都合な時を検討している」という意思を伝えられます。

「いつ〇〇するのですか?」と問われて「わからない」と答えれば無責任という印象を与えてしまいますが、「頃合いを見計らって」という表現を用いて返答すれば、「その件については考えている」という印象を与えられます。

「頃合いを見計らって」の言葉の使い方や使われ方

「頃合いを見計らって」は通常「頃合いを見計らって〇〇する」のように「〇〇する」という言葉と一緒に使われます。

「頃合いを見計らってもう一度試してみる」「頃合いを見計らって連絡する」などが例です。

上記したように、時機についてはっきりと言えない場合には、「頃合いを見計らって」と答えるケースがあります。

どちらかと言えばビジネスやあまり親しくない人との会話で使われる表現です。

家族や親しい友達であれば、「チャンスを見て」という表現を使います。

「頃合いを見計らって」の類語や言いかえ

「頃合いを見計らって」と同じように使える表現として「タイミングを見計らって」「時機をうかがって」「チャンスをうかがって」などがあります。

若い人などの間ではどちらかと言えば「頃合い」よりも、「タイミング」「チャンス」などの外来語が使われています。

またより真剣に「いつが良いのか」と時機をうかがっている場合では、「頃合いを探って」のように「探る」という表現を使います。

まとめ

「頃合いを見計らって」は友達との会話より、ビジネスでの会話やかしこまった会話で使われる傾向にあります。

はっきりとした時期に言及したくない場合には、「頃合いを見計らって」は便利な表現です。

しかし何を聞かれても「頃合いを見計らって」を連発すると、相手から信用を失うリスクもありますので注意して使うようにしましょう。

「頃合いを見計らって」を使う時機も、「頃合いを見計らって」ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典