「齟齬」と「矛盾」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「齟齬」と「矛盾」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「齟齬」「矛盾」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「齟齬」とは?

「齟齬」とは「そご」と読みます。

意味は物事が食い違い、思った通りに進まないことで、またその食い違いのことでもあります。

簡単に覚えるならば「齟齬」とは「食い違い」とするとわかりやすいでしょう。

本来ならば一致するはずのことが、一致せず、考えている通りにならない時にこの言葉を使います。

「ここにきて、両者の言い分が齟齬するとはどういうことだ」「内容に齟齬をきたすので、これじゃ困る」「そもそも、この計画には齟齬がある」などと、使います。

「矛盾」とは?

「矛盾」とは「むじゅん」と読みます。

この言葉は昔、楚の国に「盾」「矛」を売る人がいて、「この矛はどんな盾も貫く、この盾はどんな矛も通すことはできない」と言っていたところ「その矛で、その盾を突いてみたらどうなる」と言われ困ったというところからできた言葉です。

つまり「つじつまが合わない」「物事の道理が一貫していない」という意味になります。

「貴方の話には随分と矛盾がある」「相手の矛盾をすかさず、つく」などと、使います。

「齟齬」と「矛盾」の違い!

「齟齬」「矛盾」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらの言葉も似たような印象を受けますが、意味が違いますので混同しないようにしてください。

「齟齬」とは本来一致するものが一致しない、食い違いという意味になります。

「愛情に齟齬をきたす」「報道に齟齬がある」「言い分が齟齬する」などと使います。

「一致しない」「食い違い」といった言葉を当てはめますと、意味合いがわかりやすくなります。

一方の「矛盾」ですが、これは前後が合わない、物事の道理として一貫していないという意味になります。

簡単に覚えるならば「つじつまが合わない」とするといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「齟齬」「矛盾」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「齟齬は食い違い」「矛盾はつじつまが合わない」と頭に入れておき、混同しないように正しく使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典