スポンサーリンク

「ITアーキテクト」と「ITコンサルタント」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ITアーキテクト」と「ITコンサルタント」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ITアーキテクト」「ITコンサルタント」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ITアーキテクト」とは?

「ITアーキテクト」とは、「企業の経営戦略を進められるウェブシステムの設計図をつくり、クライアントが運用しやすいシステム基盤を構築する職業」です。

「ITアーキテクト」というのは「ウェブシステムの建築家」と呼ばれるように、「クライアントのニーズに応えられるウェブシステムの設計・構築・運用を統括する仕事」なのです。

「ITコンサルタント」とは?

「ITコンサルタント」とは、「クライアントからIT関連の相談を受けて、その問題・悩みを解決できる最適なIT戦略を提案する職業」です。

「ITコンサルタント」というのは「ITの総合的かつ専門的な知識・経験と高度なコミュニケーション力を持っていて、クライアントが抱えているIT関連の悩みを聞いて経営を改善するための支援をする仕事」なのです。

「ITアーキテクト」と「ITコンサルタント」の違い!

「ITアーキテクト」「ITコンサルタント」の違いを、分かりやすく解説します。

「ITアーキテクト」「ITコンサルタント」はどちらも「IT分野の総合的な知識・経験を必要とする職業」を意味していますが、「ITアーキテクト」のほうが「ITコンサルタント」よりも「ウェブシステム全体の建築的な設計を細部まで管轄する技術職としての側面が強い」という違いがあります。

「ITコンサルタント」のほうは「クライアントからの相談を受け調整しながら、経営改善や問題解決を図るためのIT戦略を提案・実現する職業としての面」が強い違いがあり、「ITアーキテクト」よりも「高い対人コミュニケーション能力」が求められます。

まとめ

「ITアーキテクト」「ITコンサルタント」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ITアーキテクト」とは「企業の経営戦略を実現するためのウェブシステムの設計図をつくり、運用可能な最適なシステム基盤を構築する職業」を意味していて、「ITコンサルタント」「クライアントからのITに関する相談を受けながら、問題を解決できるIT戦略を提案する職業」を意味している違いがあります。

「ITアーキテクト」「ITコンサルタント」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典