「IT革命」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「IT革命」について

1990年代前半に起こった情報通信の革命を称して、IT革命(あいてぃーかくめい)と呼びます。

情報が需要な資源となり、その価値が社会基盤となり生活を支えるまでになったほどです。

元々はアメリカによる軍事目的の情報収集が、全世界に波及してパソコンの普及で誰もがインターネットに接続出来るようになりました。

「IT革命」の意味

IT革命の英語表記は、“information technology revolution”で、ITはその頭文字となります。

日本語訳すると、「情報技術革命」と言ったところでしょうか? この言葉自体は1950年代から浸透し始め、コンピューターや通信技術の際の専門用語という意味合いが強く、広く一般に知れ渡るには時間が必要でした。

そして1990年代に入ると、パソコンやインターネットが普及し、誰もが簡単に様々な情報を得られるだけでなく、経済や社会にも一大革命と呼べるほどの大きな転換期となったのです。

それは、銀行や買物などもオンライン上でリアルタイム処理され、当然手紙などもメールなどに変化しました。

自宅に居て、日常品の買物だけでなくお店の予約や旅行先の情報まで全てPCやスマホのネット接続が出来る環境下なら可能なのです。

「IT革命」の言葉の使い方

IT革命と言う言葉は、今では社会に溶け込み過ぎて、あまり使われる事が少なくなりました。

それは、IT、IT化、ネット、スマホ、携帯、Wi-Fiなどの言葉がほぼ同じ意味として定着しているからです。

しかし、IT革命前後やIT革命前など、ネット社会に与えた功績があまりにも大きいので、これらを説明する際には、専門家などが好んで用いる言葉でもあります。

「IT革命」を使った例文・短文(解釈)

それでは参考までに、「IT革命」を使った例文4つを紹介します。

「IT革命」の例文1

「IT革命は産業革命以上に社会に衝撃を与えた」

IT革命以前に世界や社会に与えた影響が大きい「○○革命」には、軍事革命や産業革命があります。

その中でIT革命とよく比較されるのが産業革命となります。

「IT革命」の例文2

「第三のIT革命とされるブロックチェーンとは?」

ビットコインなどで流行った仮想通貨には、ブロックチェーンと呼ばれる新技術が導入されています。

これが一部では、第三のIT革命と呼ばれるほど画期的な事だったので比較すえる例えとして用いられました。

「IT革命」の例文3

「IT革命で社会が無機質になってしまった」

社会が確実に便利になったのがIT革命ですが、それは同時に人との直接的な交流や会話などを奪う結果にもなりました。

IT化の流れで、世の中が少し寂しくなったのも事実で、それを風刺めいた際にIT革命が使われる事もあります。

「IT革命」の例文4

「グーグルやアマゾンが世界的な大企業になったのはIT革命の恩恵だ。 もしかしたら、IT革命前後で最も大きく変わったのは、世界的な大企業の時価総額ランキング上位陣の顔ぶれではないでしょうか?」

IT革命前は日本企業がランキングを独占していたと言っても過言ではなかったが、現在はグーグルやアマゾンやマイクロソフトなどITの恩恵を受けた企業ばかりです。

「IT革命」の由来・語源

ITとは、“information technology”(情報技術)の事ですが、情報全般を指すというより、コンピューターやその関連のものを総称した言葉です。

また、情報通信技術を「ICT(“information and communication technology”)」と呼びますが、日本ではICTも含めて「IT」としている傾向です。

「IT革命」の類語と解釈

IT革命の類語には、「web革命」「情報革命」などの言葉が挙げられます。

web革命は、ネットが本格的に普及し始めた比較的最近の言葉です。

意味合いとしては、ブログやサイトが情報発信だけでなくビジネス展開するような事です。

情報革命はIT革命とほぼ同じ意味ですが、IT以外でも使用されるので、より幅広い普遍的な含みを持たせる際には、情報革命が用いられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典