スポンサーリンク

「Means」と「way」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「Means」と「way」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「means」「way」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「means」とは?

「means」とは、「目的を達成するための手段・方法」を意味している英語の名詞です。

「means」「mean」には、「中間・物事の間に入って仲介するもの」といった意味合いがあります。

「means」を用いたイディオムとして、“by means of~”(~によって・~を用いて)がよく使われます。

「way」とは?

「way」とは、「道」から派生して「何かを成し遂げるまでの道のりとしての手段・方法」を意味している英語の名詞です。

「way」は、「手段・方法・やり方」を意味しているもっとも一般的な英語の表現です。

例えば、“There is a simple way to win the opponent.”(敵に勝つための簡単な方法があります)のような英文で使うことができます。

「means」と「way」の違い!

「means」「way」の違いを、分かりやすく解説します。

「means」「way」はどちらも「手段・方法」を意味している英語の名詞ですが、「way」のほうが「means」よりも一般的な「手段・方法」といった意味のニュアンスを持っている違いがあります。

「way」に対して「means」のほうは、「明確な目的が先にあって、その目的を達成するための手段・方法」を意味しているという違いを指摘できます。

「方法・やり方」の意味でどちらを使うべきか迷った場合には、「means」よりも「way」を使ったほうが無難でしょう。

また「way」“the way of doing”「~というスタイル」を意味していますが、このイディオムの用法は「means」にはありません。

まとめ

「means」「way」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「means」とは「目的を達成するための具体的な手段・方法」を意味していて、「way」「もっとも一般的な手段・方法、抽象的な方法も含む」「スタイル・やり方」を意味している違いがあります。

「means」「way」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典