スポンサーリンク

中国の「国家主席」と「首相」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「国家主席」と「首相」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国のニュースを見ていると、専門的な言葉が出てきてモヤモヤすることがあります。

この記事では、「国家主席」「首相」の違いを分かりやすく説明していきます。

どう違うのか、あらためておさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

「国家主席」とは?

中国のリーダーといえば、習近平国家主席です。

国家主席とは社会主義国のリーダーのこと。

圧倒的な権力を持っているので、実質的にナンバーワンといえる存在です。

主席という言葉は、最高責任者・最高指導者という意味があります。

民間の企業にたとえるなら、CEOと呼ばれるポストです。

国家主席というのは「中華人民共和国という国の最高指導者」

つまり中国で1番のお偉いさんです。

国家主席になると、国内外のあらゆる決定を自分でおこなうことができます。

国家主席になるためには、中国の共産党大会という大会で選ばれる必要があります。

ただ社会主義の国ということもあり、実際に選挙はあって無いようなもの。

国家主席の任期は5年と決まっていますが、有事が起こらない限り続投することが多くなっています。

「首相」とは?

国家主席の陰にかくれてしまい、存在感がやや薄れているのが中国の首相です。

日本で首相といえば内閣のトップにあたります。

ところが中国だと国務院というお役所のトップを指します。

中国という国の、おもに行政を管轄する部署のリーダーなのです。

企業にたとえるのなら、副社長のポストが近いです。

首相の主な仕事は、国務院のスタッフが正しく働いているのか監視することです。

またスタッフの人事権も持っているので、国務院内で何かあれば交代させることもできます。

一方で首相が国家主席に相談なしに、政治をおこなうことは殆どありません。

首相にとって国家主席は直属の上司にあたるので、何かあれば報告や相談をおこなうことは必須。

表向きは首相というポストが与えられていますが、中国の事実上の支配者は国家主席にあたえられています。

「国家主席」と「首相」の違い

中国の政治を見ていくと「国家主席」「首相」の違いが分からなくなることがあります。

「国家主席」「首相」の違いを、分かりやすく解説します。

・ナンバーワンとナンバーツー

国家主席は中華人民共和国のトップのこと。

最前線に立って、陣頭指揮をおこなっている人です。

アメリカに例えるなら、大統領。

日本なら内閣総理大臣つまり首相のことです。

国をうごかす権限を、すべて持っているのが国家主席です。

そして首相は、中国におけるナンバーツーの存在です。

国務院のリーダーにあたります。

権限は国家主席ほど持っておらず、お飾りという言い方をする専門家もいます。

まとめ

中国政府の「国家主席」「首相」の違いを、分かりやすくお伝えしました。

国家主席とは中華人民共和国の最高指導者のこと。

中国ナンバーワンの権威者です。

また首相は行政を管轄する、ナンバーツーにあたります。

社会主義国ならではの表現を覚えて、ニュースを正しくチェックしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典