スポンサーリンク

投資判断の「買い」と「強気」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「買い」と「強気」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「買い」「強気」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「買い」とは?

「買い」は、投資判断の手法においては、株を購入することに走る判断をしたことです。

つまりは、利益になると踏んで株を購入したか、単純に前々から株主になりたいと望んでいた株が安くなったが故、「買い」という購入に走る判断をしたという意味になります。

その反対の言葉としては、「売り」という物があり、今ある株を手放すことで現金に換える行為があり、こちらのケースは、単純に株が値上がりし、現金で所持する方が得であると判断したり、株が値下がりを見せ始め、もはや、株券自体が無価値になるくらいであれば現金に換えた方がマシであると判断した場合、「売り」という思考に変化するのです。

「強気」とは?

「強気」は、投資の判断において恐らく、株価が上昇すると確信した判断を下すことです。

あくまで、株価が上がるだろうと予想することを指しますので、実際にその株を手にするかどうかは投資家の判断にゆだねられます。

また、「強気」には反対後も存在しており、「弱気」という言葉が、投資の判断にて株価が下がり続けるであろうと判断することになります。

「買い」と「強気」の違い

「買い」「強気」は、株式等の投資においては、株を購入するという行為自体の判断材料とするか、単純に株の銘柄が値上がりするであろうと予想するかという違いです。

実際に購入に走るマインドは「買い」であり、「強気」はあくまで、利益を上げるであろう株価を予想するにすぎません。

「買い」の例文

・『ゲーム会社の株を買いに走る』

この例は、前から目をつけていたゲーム会社の株を取得することに奔走するという意味です。

ここで言う「買い」は、株を取得することになるため、「買い」は実際に行動しようとしている点が重要で、この時点では恐らくゲーム会社の株をまだ保有しているかは未知数です。

「強気」の例文

・『ゲーム会社の株は強気になりつつある』

この例は、ゲーム会社群の株は徐々に高くなり、上昇を見せる傾向になりつつあることを指します。

「強気」は株式においては、高値になることを予想する意味であるため、この例においては、「強気」とします。

まとめ

「買い」「強気」の違いは、投資の世界においては、株を購入に走るに値する銘柄であるか、単に、価格上昇などが期待できるものであるとするかです。

つまり、「買い」は実際に購入することが望ましい物であるに対し、「強気」は単に価値が上がり続けるだろうという予測でしかありません。

その為、本当に欲しい物へ投資をする場合、「買い」という投資判断があり、「強気」は単に、「買い」という投資をするという行為に迫るためのきっかけでしかないのです。

投資のきっかけについては、株の銘柄が値上がりし、価値が上昇すると見込み、「買い」に走ることや、単純にその会社を支配したいからという欲望も、株を「買い」に走る欲求になるため、あくまで、「強気」は株を「買い」に走らせるためのきっかけでしかありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典