抱っこ紐の「エルゴ」と「コニー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エルゴ」と「コニー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、抱っこ紐の「エルゴ」「コニー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エルゴ」とは?

「エルゴ」の抱っこ紐とは、「頑丈な構造をしていて安全性・信頼性が高い王道の抱っこ紐」のことです。

「エルゴ」の抱っこ紐はとにかく頑丈で、バックルでしっかりと赤ちゃんを固定できるのですが、「厚み・大きさ」があるので少しかさばりやすくなります。

「エルゴ」の抱っこ紐の価格帯は約2~3万円台になっています。

「コニー」とは?

「コニー」の抱っこ紐とは、「スリングのような形をしていて、最近ママたちの人気が高まっているシンプルでおしゃれな抱っこ紐」のことです。

「コニー」の抱っこ紐は造りはしっかりしているのですが、シンプルでおしゃれなデザイン(いかにもな抱っこ紐として目立たないデザイン)でどんな洋服にも合わせやすい利点があります。

「コニー」の抱っこ紐はリーズナブルで、約1万円以下の価格で購入することが可能です。

「エルゴ」と「コニー」の違い!

「エルゴ」「コニー」の抱っこ紐の違いを、分かりやすく解説します。

「エルゴ」「コニー」の抱っこ紐はどちらも「お母さんたちに人気の高いブランドで品質もしっかりしている抱っこ紐」を意味していますが、「エルゴ」の抱っこ紐は「見た目も構造もがっちりとした感じがあってバックルで固定する本格的な抱っこ紐」が多くなっています。

「エルゴ」に対して「コニー」のほうは「見た目は普通の洋服っぽいスリングのような感じで構造もシンプル、バックルなしで赤ちゃんを中に入れるだけの使い方が簡単な抱っこ紐」である違いがあります。

「エルゴ」「2~3万円の価格帯の抱っこ紐」が多く、「コニー」のほうは「1万円以下の価格帯の抱っこ紐」が多い価格の違いも指摘できます。

「コニー」の重量は「約200グラム」で、「エルゴ」の売れ筋商品(頑丈さでは圧倒的に上ですが)の「約800グラム」よりかなり軽くつくられています。

まとめ

抱っこ紐の「エルゴ」「コニー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「エルゴ」の抱っこ紐とは「頑丈な構造をしていて安全性が高い王道のアイテムだが、厚み・大きさがあるので少しかさばりやすい抱っこ紐」を意味していて、「コニー」「シンプルな構造をしているが、安全性とコスパが高くておしゃれな見た目の抱っこ紐」を意味している違いがあります。

抱っこ紐の「エルゴ」「コニー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典