スポンサーリンク

「協定」と「契約」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「協定」と「契約」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「協定」「契約」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「協定」とは?

最初に「協定」の意味をご説明致します。

「協定」の意味としては、基本的に無用な争いごとが起きないように、お互いが歩み寄り、話し合いをするという意味を持っております。

また、国単位の外交での取り決めをする際に、文書によって交わされる合意を意味する際にも使いますので、覚えておいてください。

「契約」とは?

次は「契約」の意味を解説します。

「契約」の意味とは、複数の人間が存在することが前提となります。

複数(主に2人以上を指す)の人間が、お互いの提示する内容に把握した上で交わされるのが「契約」となります。

その他の使い方として、約束するという意味でも使いますので参考にしてください。

「協定」と「契約」の違いとは?

ここの項目では「協定」「契約」の違いを見ていきます。

前者の場合は、無意味な争いが起きないよう、お互いに歩み寄り、話し合いをするという意味を持っております。

そして、国単位の取り決めを行う際に文書を持って合意する意味でも使います。

後者の方は、複数(2人以上)の人間が、お互いの提示する内容を把握し、交わされる約束を意味しております。

単純に約束するという意味でも使うので、把握しておいてください。

「協定」と「契約」の使い方の違い

この2つの使い方の違いを説明します。

「協定」の使い方としては、「お互いに裁判で争い、協定が決まりました」というのが分かりやすい使い方になるでしょう。

「契約」の場合は、「携帯電話(スマホ)の契約をした」というのが、身近な話題と言っても過言ではないのでイメージもしやすいはずですので、参考にしてください。

このように使い方の違いをみてみると、前者の方は裁判所等の法律に基づいて決められる約束事というのが分かりやすいでしょう。

また国も絡んでいるので、緊張感のある雰囲気があると理解してください。

そして、後者の方も法律に基づいているものの、どちらかというと前者よりも緩やかな雰囲気であり、後からになって納得がいかない場合は、最悪「解約」という手段も取ることができるのです。

この辺をよく理解して、上手に使い分けてみてください。

「協定」を使った例文

ここでは「協定」を使った例文を書いていきます。

・『グループ内で予算についての協定を結んだ』
・『裁判して協定が決まり、一安心だと言っていた』
・『協定は守るべきだ』
・『日本とアメリカは平和に関する協定を結んでいる』
・『協定の際に交わした文書のコピーを持っている』
以上が「協定」を使った例文になりますので、是非とも参考にしてみてください。

「契約」を使った例文

次は「契約」を使った例文を書きます。

・『兄は賃貸契約をしたあとに、火災保険の契約もしたそうだ』
・『契約不履行になると信頼を失ってしまう』
・『保険外交員は新規顧客契約に追われると聞いたことがある』
・『契約書を取り交わした』
・『契約の取り交わしは双方に控えがあり、署名や捺印がしてあるはずだ』
以上が「契約」を使った例文です。

活用する機会があれば、使ってみてください。

「まとめ」

まとめとしては、「協定」というのは、争いごとを避けるためにお互いに協議をする意味があります。

また、国家間の外交で文書によって合意を行う時にも使いますので、把握しておいてください。

「契約」の意味としては、複数の人間が、互いに把握した上で取り交わす約束という意味があります。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典