スポンサーリンク

「戸口」と「玄関」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「戸口」と「玄関」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「戸口」「玄関」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「戸口」とは?

「戸口」は、住居に侵入できる侵入経路のことを指し、窓の他正面玄関などが「戸口」です。

侵入できればどこでも「戸口」と言いますので、言ってしまえば、あり得ない場所から室内に侵入できればそこは、「戸口」です。

例を挙げますと、マンホール内から自宅に侵入できる経路があった場合、その侵入経路は、「戸口」となり建物内に侵入を可能とします。

「戸口」の使い方

「戸口」の使い方は、侵入経路であるということを公言するために使用します。

例えば、警察官の方が、泥棒が住居内に入り込んだ場合、侵入経路がどこであるかを、「戸口」と呼ぶのは、侵入経路という意味合いが、「戸口」にあるためです。

「玄関」とは?

「玄関」は建物内に入る際の侵入経路で、正規の方法で入ることができる経路です。

他の侵入経路、「戸口」としますが、「戸口」は窓だったり、煙突だったりと建物に侵入するにはとても通常の方法ではありません。

ですが、「玄関」は建物に入る場合、正規の方法で入ることができ、人も目も気にならない侵入法です。

その為、「玄関」とは、人の目を気にすることなく侵入することができる、入り口とします。

「玄関」の使い方

「玄関」の使い方は、住居内に入る際、人の目を気にする必要性なく、正式に建物を所有する人物から認められた方法で入ることができる入り口です。

そのため、建物を所有している人物から建物に入ることを認められなかった場合、「玄関」以外の入り口から侵入するしか方法はなくなります。

しかし、「玄関」以外から侵入するとなると、人の目に触れてしまい、通報されてしまうため正規の方法で入ることではないのです。

「戸口」と「玄関」の違い

「戸口」「玄関」の違いは、正式に住居に立ち入ることを許されている場所から入るかそうではないかです。

「戸口」は建物に侵入できる入り口ではありますが、正規の入り口ではなく、窓だったり煙突だったりと普通の人が立ち入る場所ではないことが多いです。

一方、「玄関」は誰もが利用許可を得れば侵入可能で、多くの人はこちらを経由し、建物に正規に立ち入ります。

まとめ

「戸口」「玄関」の違いは、安全に住居に立ち入ることができるのが「玄関」であるとするとよいでしょう。

「玄関」は建物所有者が認めた場合、侵入することができる経路です。

ですが、「戸口」は煙突や、排水溝などどう考えても普通の人が建物に入る際に使用する経路ではない場合が多く、人の目につきやすいです。

その為、「戸口」から侵入を試みる人物はおそらく、犯罪者であり、住居に不正侵入を試みている人物であるため、通報対象となります。

無論、建物を正規所有している人物でも、鍵を紛失した場合、「戸口」から建物内に侵入することがありますが、この場合も通報される恐れがあり、建物の所有者であることを証明する必要性があるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典