スポンサーリンク
意味と使い方

「控える」とは?意味や使い方を解説

「控える」 控えるは「ひかえる」と読みます。 周りの人に対し「やらないように」などと注意を流すときによく使われる言葉であり、動きを抑えて引き留めるという意味があります。 動作などが度を超えないように援助してもらえる...
意味と使い方

「骨子案」とは?意味や使い方を解説

「骨子案」 骨子案というのは「こっしあん」と読み、全体の骨組みとなるおおまかな案を意味しています。 人間の体は骨と筋肉から成り立っていますが、骨が1番の希望になりますよね。 それと同じです。 骨子案は文章になって...
意味と使い方

「不世出」とは?意味や使い方を解説

「不世出」 不世出という言葉は「ふせいしゅつ」と読みます。 滅多に世に現れないほど優れている事という意味を持っており、世に出ない優れた人物を形容する言葉になります。 絶世の、後にも先にもない、といった表現が類義語に...
スポンサーリンク
意味と使い方

「牧歌的」とは?意味や使い方を解説

「牧歌的」 「牧歌的」という言葉は「ぼっかてき」と読み、まるで牧歌が聞こえてくるような素朴な様、情緒的な様をさしています。 牧歌とは羊飼いが喜びや悲しみを歌い、お互いに優劣を競い合うことを指すこともありますし、羊飼い...
意味と使い方

「名伯楽」とは?意味や使い方を解説

「名伯楽」 日本語には、色々な由来の言葉がありますが、昔の偉人の名前を比喩的に使った言葉もいくつかあります。 「めいはくらく」という読み方をする「名伯楽」もその1つではないでしょうか?今では、この言葉を耳にすることが...
新語・ネット用語

「フッ重」とは?意味や使い方を解説

「フッ重」 「フッ重」は「ふっおも」と読みます。 詰まる音の次の母音がくるので言いにくいのですが、「ふっじゅう」ではありません。 「フッ重」の意味 「フッ重」の意味や背景などについて紹介します。 ...
意味と使い方

「映える」とは?意味や使い方を解説

「映える」 「映える」は「はえる」と読みます。 「SNS映え」や「インスタ映え」という言葉がよく使われていますが、「映え」は、この「映える」という言葉からきているのです。 見た目が可愛かったり美しかったり、SNSに...
意味と使い方

「艶福家」とは?意味や使い方を解説

「艶福家」 この艶福家という表現は、今では滅多に見ないと思います。 ですが、小説の中で見掛けたり、年配の人だと普通に使うこともある言葉なので、知っておいて損はありません。 「えんぷくか」と読み、使われている漢字から...
意味と使い方

「手堅く」とは?意味や使い方を解説

「手堅く」 「あいつは手堅くやっているなぁ」などと言われている人は、行動が安定しており、何事に対しても「手堅く」対応していることでしょう。 「てがたく」と読む「手堅く」とは、どのような意味があるのでしょうか? ...
意味と使い方

「親和性」とは?意味や使い方を解説

「親和性」 この親和性は、主に理化学の世界で使われていた用語ですが、最近ではIT(コンピュータ関連)分野でも使われるようになりました。 その為、一部ではIT用語として扱われていることもあります。 理化学とコンピュー...
スポンサーリンク