スポンサーリンク

「凡例を示す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「凡例を示す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「凡例を示す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「凡例を示す」とは?意味

「凡例を示す」とは、書物や電子データなどにある目次のことで目次によって何を示しているかを分かりやすくしたものを「凡例を示す」と呼びます。

逆に、「凡例」は、見る物が文字や図形などを見て即座に何が記されているかが分からないと「凡例を示す」とは言いません。

よって、「凡例を示す」は必ず、見たものが即座に何を記載しているかが分かる目次のような物でないといけないのです。

「凡例を示す」の概要

「凡例」は、要は物事を分かりやすくする際、電子データや書物などに分かりやすく文字でまとめてどうあるべきかを記載することです。

例えば、小説や参考書にある目次は、何を記載しているかを分かりやすく解説したうえでどのページを見ればよいかまでを記載しているため、これは、「凡例」です。

一方、円グラフなどでグラフだけを記載して何の文字も記載していない場合、何のグラフであるか分かりませんので、文字でグラフの内容を分かるように誘導した場合、これも「凡例」になります。

よって「凡例を示す」とは、分かりやすいように誘導することを意味し、目次のように書物の内容を即座に相手が理解できるようにすることを「凡例を示す」と呼びます。

「凡例を示す」の言葉の使い方や使われ方

「凡例を示す」は、分かりやすく書物などに目次を記すことで、第3者に分かりやすい書物にしたという意味で使用するか、分かりやすく電子データを作っておいたお言う具合に誘導する場合に使用します。

「凡例を示す」を使った例文

・『グラフに凡例を示すがどうもデータに間違いがあるようだ』
この例は、グラフに分かりやすく何のデータであるかをきちんと記したが、動にもデータが間違っているように見えるという例です。

つまり、何のデータであると記載した文章がグラフにあっておらず、データが間違っているのか記載した文章に間違いがあるかのどちらかだという例です。

・『卒業論文に凡例を示すが教授はどうやら凡例すら見てくれない』
この例は、教授に卒業論文を見てもらえるように目次のような物を作ったが肝心の教授は、目次にすら興味を示さなかったという例になります。

つまり、教授は、まったく卒業論文に興味を示さず、一応表面上取り繕うように論文を見たのがこの例です。

まとめ

「凡例を示す」は、自ら分かりやすくなるように紙面や電子データという物に目次を付けることだと解釈してもらえればこの言葉の意味は分かりやすくなります。

示すとあるようにこの言葉は、自分がそのように仕向けるので、この言葉は、自分から目次を付けて第3者がそれを見た際に分かりやすくすることを意味します。

分かりやすくすることを意味するのが、「凡例を示す」なので、円グラフなどで注意書きや円グラフにいつ頃のデータであるかを記載することも「凡例を示す」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典