スポンサーリンク

「容態が悪い」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「容態が悪い」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「容態が悪い」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「容態が悪い」とは?意味

「容態が悪い」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「容態」「ようだい」「ようたい」と読みます。

「容態」には、「一人の姿、かたち。

また様子」
という意味があります。

誰かの姿、かたち、また様子について表現したいとき、「容態」という言葉を使うことになります。

一方で「悪い」という言葉には、様々な意味があります。

「悪い」には、「人の行動や性質が、水準よりも劣っていること」という意味があります。

特に、「正常、良好な状態ではないこと」「すぐれないこと」という意味があり、「容態が悪い」という言い回しの時は、この意味が採用されています。

そのため、「容態が悪い」という言葉には、「一人の人の姿かたち、様子が、正常ではないこと」という意味があります。

「容態が悪い」の概要

「容態が悪い」という言葉には、「一人の人の姿かたち、様子が、正常でないこと」という意味があります。

ただし、「容態が悪い」という言葉を使う場合は、ほとんどの場合、病気や怪我をしている人に対して使われています。

そのため、「一人の人のバイタル的な特徴が、正常ではないこと」「良くないこと」を意味すると考えることができます。

このように「容態が悪い」という言葉は、心拍数、呼吸に関する数値、血圧などに関する数値が正常の人よりも、劣っている場合に、「容態が悪い」という言葉を使うと考えることができます。

「容態が悪い」の言葉の使い方や使われ方

「容態が悪い」という言葉は、基本的に病院などの医療施設で使われる言葉と考えることができます。

病気をした人、怪我をした人の中でも、命の危機に関わるような人に対して使われる言葉になります。

健康な人が熱を出した程度では、「容態が悪い」という言葉は使われません。

救急車などで運ばれて、命の危険がある人、または長く入院している人などに対して使われます。

「春先は体調がよかったのに、ここのところ容態が悪くなっています」「容態が悪いため、最悪のことを考えておく必要があるかもしれません」などと、病気を患っている人に対して使われる言葉になります。

「容態が悪い」の類語や言いかえ

「容態が悪い」の類語として、「病態が悪い」という言葉があります。

「病態」「病気の状態」を意味する言葉で、「容態が悪い」とよく似た意味があります。

「長く入院をして治療を受けているのに、いまだに病態が悪い」などという使われ方をします。

また「体調が悪い」という言葉も類語になります。

「体調」「体の調子」という意味で、「体調が悪い」という言葉は、基本的に健康体の人の体の調子を意味します。

そのため、「容態が悪い」という言葉に比べると、とても軽い意味を持つ言葉と考えることができます。

まとめ

「容態が悪い」という言葉について見てきました。

使い方や使う場面について知っておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典