スポンサーリンク

「尊い」と「貴い」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「尊い」と「貴い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「尊い」「貴い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「尊い」とは?

「尊い」「尊」は、みことや神、貴人の名前といった意味があり、敬意を表す際に添える語句となります。

そのような意味から、「尊い」には、尊敬する気持ち、大切にする気持ち、あがめ敬う気持ち、といった意味もあります。

英語で言えば、「リスペクト」が適した言葉です。

このような意味から、「尊い」の類語は、「気位が高い」「気高い」「崇高」「恐れ多い」などとなります。

また、対義語は、「卑しい」となり、意味は、身分・社会的地位が低い。

品位に欠けている、などとなります。

「尊い」の使い方

尊敬する気持ちや大切に思う気持ちを込めて用いられることが多い「尊い」

そのため、「尊い存在」「尊い人」「尊い命」「尊い精神」「尊い話」などといった使い方となります。

「貴い」とは?

「貴い」「貴」には、身分や価値が高い、といった意味があり、そのことから、「貴い」は、非常に価値があり貴重であること、地位や身分が非常に高いこと、といった意味もあります。

英語で言えば、「バリュー」が適した言葉です。

このような意味から、「貴い」の類語は、「価値のある」「貴重」「気高い」「崇高」などとなります。

また、対義語は、「賤しい」となり、意味は、身分・社会的地位が低い、貧しい、みすぼらしい、などとなります。

「貴い」の使い方

貴重な体験を行ったとき、「貴い」を使い、「貴い体験」と表します。

また、国王などを「貴い身分」と表すほか、貴重な資料などを「貴いもの」などと表します。

「尊い」と「貴い」の違い

同じ読み方の「尊い」「貴い」

どちらも、大切にするといった意味では同じですが、その中身が少し異なります。

「尊い」は、尊敬する気持ちや大切にする気持ちが強く、「貴い」は、価値や身分が高い、貴重、といった意味が強くなります。

そのため、同じ「とうとい」気持ちでも、どのような気持ちで「とうとい」のかによって、「尊い」「貴い」を使い分けなければなりません。

「尊い」の例文

・『私にとって子供たちは、何歳になっても尊い存在です。』

・『お坊さんの説法は、いつも、尊い話ばかりで聞き入ってしまいます。』

・『彼女が僕にとって、尊い人となった今、結婚を決意しました。』

・『絶対に、この尊い命を終わらせてはいけない。』

「貴い」の例文

・『非常に貴い体験をさせて頂きました。ありがとうございました。』

・『いま、地球上にある資源は未来のすべての人、動物、植物に対し貴いものばかりです。』

・『彼は、貴い身分の人のため、一般人の私の気持ちなんてわからない。』

・『教授から貴いものを預かることになり、緊張しています。』

まとめ

同じ意味のように思えても、少し中身が異なる「尊い」「貴い」

そのことを踏まえ、適切な使い分けが必要となる言葉となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典