スポンサーリンク

「独居世帯」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「独居世帯」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「独居世帯」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「独居世帯」とは?意味

「独居世帯」「独居」は辞書によると「ひとりきりで暮らすこと」を意味する言葉で、「世帯」とは「住居や生計を同じくする人たちの集合体」と記されています。

従って、「独居世帯」「ひとりきりで暮らし、かつ生計を同じくする人がいない人」と、言う意味になります。

「独居世帯」の概要

言葉の意味としては、前項で記した通りですが、厳密にこの意味を考えるといくつかの疑問点も生じます。

例えば、親元を離れて暮らす大学生や、単身赴任している人は「独居世帯」なのかと言った事が挙げられます。

これはひとり暮らしですが、住民票をそのひとりで暮らしている所に移していない事が一般的で、また離れて暮らしていても生計を一にする家族がいるので、「独居世帯」とは呼ばないのが普通です。

「独居世帯」は住民票のある居住地にひとりで暮らし、かつ生計も独立して維持している人達を指すと考えるのが一般的です。

具体的には、「独居高齢者」「独居独身者」が、こうした「独居世帯」だと言えるでしょう。

いわゆる国勢調査においても、少子高齢化の中で「独居世帯」が増え続けている事が明らかにされており、特に「独居高齢者」が増える事で、孤独死等の色々な社会問題が持ち上がっています。

かつては、「核家族」による社会変化の影響が色々と取り上げられていましたが、それが時間の経過とともに、子供が独立し、高齢夫婦だけの世帯となり、そして「高齢者の独居世帯」が増えると言う経緯を辿って来たのです。

また親から独立しても、経済的な理由等から結婚できずにひとり暮らしを続ける人や、独身の気楽さから敢えて結婚しない人も増えており、こうした30代や40代の人達も高齢化すれば、「高齢者の独居世帯」となってしまうと言えます。

人口構成の変化と合わせ、この「独居世帯」の増加は日本社会に重くのしかかる課題だと言えるでしょう。

「独居世帯」の言葉の使い方や使われ方

「独居世帯」の言葉は『独居世帯の増加、特に高齢者のひとり暮らしの増加は大きな社会問題となっている。』や『君はひとり暮らしだが、親の仕送りを受けている大学生なのだから、独居世帯数にはカウントされていませんよ。』のように使われます。

「独居世帯」の類語や言い換え

「独居世帯」は、「ひとり暮らし世帯」や、年齢に対応して「独居老人」「独居独身者」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「独居世帯」「ひとりきりで暮らし、かつ生計を同じくする人がいない人」と、言う意味になります。

ひとり暮らしであっても、親元を離れて大学に通う学生や、単身赴任の人は、一般的に住民票も居住地に移していないし、生計を一にする家族がいるので、「独居世帯」とは呼ばないのが普通です。

「独居世帯」とりわけ「独居高齢者、独居老人」が増加し続ける事で、様々な社会課題が生じており、対策が急務だと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典