スポンサーリンク

「盃を交わす」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「盃を交わす」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お酒には色々な効能がありますが、一緒の場でお酒を飲んで仲良くなるという慣用句には「盃を交わす」というものが存在します。

この記事では、「盃を交わす」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「盃を交わす」とは?意味

「盃を交わす」とは、お酒の席で一緒になり飲み交わすことを示す言葉です。

お酒はほどよい酩酊をもたらし心を開かせる効果があり、これによってコミュニケーションを取る人は多く存在します。

「盃」はお酒を注ぐ容器の古い漢字でありこれを使った慣用句もやや硬い表現となりますが、色々な例えとして使われる言葉として有名です。

同じようなお酒を注ぐ容器としては「杯」があり、こちらの方は色々な場面で使われています。

「盃を交わす」の語源は式三献というお酒の席での作法であり、これは歴史上の偉人や武将がしたエピソードも多く様々な物語にもこの表現は使われています。

「盃を交わす」の概要

「盃を交わす」はお酒の席で一緒になり飲み交わす行為を示す言葉であり、お互いに心を開いて仲良くなる時に使われました。

「盃」は小さ目の容器であり、これは儀式などでも使われます。

「盃を交わす」は歴史上の偉人や将軍が儀式のためにしたものも多く、様々な逸話やエピソードが残っています。

「盃を交わす」は一般人が進行を深めるために使う慣用句でもあるのですが、語源には絶対に裏切らないという約束事を取り付ける時にも使うので、少し硬い表現になります。

この慣用句はフィクションや物語の表現としても使われることが多く、日本だとヤクザや任侠の関係性を作る時や、義兄弟の誓いを立てる時に使われることで有名です。

「盃を交わす」の言葉の使い方や使われ方

「盃を交わす」はお酒の席で一緒になり飲み交わすことで仲良くなる時に使う表現です。

昔は儀式や裏切らないという宣誓のために行われていた行為ですが、現代だと単純に親交を深める時に使います。

「盃を交わす」は色々な場所で使われますが、結婚式など深い関係になる時にも使います。

社会人になると色々な場面や立場の人とお酒を飲む機会がありますが、このような時にも「盃を交わす」ことで仲良くなったりビジネスチャンスを得ることが可能です。

「盃を交わす」を使った例文(使用例)

・『武将たちは義兄弟の誓いを立てるために盃を交わすことになった』
・『盃を交わすことで親睦を深めようとしたが、幹事になったので準備に追われています』
・『盃を交わすことで信頼したことがあだになり、ヤクザの親分は子分に裏切られた』

まとめ

お酒はリラックス効果があり、心を開かせる効果があります。

腹を割って話し合いたい時や裏表なく仲良くなりたい時に「盃を交わす」ことでよい結果になることも多いのですが、お酒の相性は個人差があるので気を付けましょう。

最近では対面の飲み会だけではなくリモートでの飲み会も増えてきており、このような場面でも「盃を交わす」ことが可能になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典