スポンサーリンク

「絵のタッチ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「絵のタッチ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イラストや漫画にゆかりのある表現には、よく分からない言葉もあります。

この記事では、「絵のタッチ」の意味を分かりやすく説明していきます。

正しいニュアンスを、サクッとつかんでいきましょう。

スポンサーリンク

「絵のタッチ」とは?意味

「絵のタッチ」とはイラストを仕上げるときの、筆の太さや造りの細かさのこと。

作家さんの画風の特徴を、あらわしたものです。

その絵の個性、そしてその作家さんの画風が「タッチ」になります。

例えば同じ「空に浮かぶ雲」を白いキャンパスに描いたとき、絵のタッチによって見え方は大きく変わってきます。

力強いタッチなら夏空に浮かぶ入道雲のように、生命感あふれる絵になります。

繊細なタッチだと、秋空に浮かぶいわし雲のように、はかない印象を与えます。

このように見る人の心を大きく揺さぶるものが「絵のタッチ」です。

「絵のタッチ」の概要

「絵のタッチ」という言葉がよく登場するのは、イラストレーターの人が仕事の受注をおこなうときです。

テレビのCMで使うのか、絵本の挿し絵として用いるのか、その目的によっても「求められるタッチ」は変わってきます。

どのような絵が必要なのか、判断するための規準となるものがタッチです。

複数のタッチをかき分けられるようになると、それに比例して仕事のオーダーも増えていきます。

そのため売れっ子のイラストレーターさんほど、タッチのかき分けがとても上手です。

ちなみに「絵のタッチ」をかき分ける技術のひとつに「ストローク」があります。

ストロークというのは、イラストの線のこと。

1本の線の描き方によっても、イラスト全体の印象は大きく変わってきます。

「絵のタッチ」の言葉の使い方や使われ方

「絵のタッチ」はこのように用います。

・ホテルのラウンジには、優しい絵のタッチの額が飾ってあった。

・昔の絵のタッチと、今の絵のタッチを比べてみた。

「思いきって絵のタッチを変えてみたらどう?」先生がアドバイスをくれた。

「絵のタッチ」とは画風のこと。

その作品のイメージをあらわします。

「絵のタッチ」の類語や言いかえ

「絵のタッチ」の類語には、次のような言葉があります。

・ストローク
・筆さばき
・絵の作風
・スタイル
・画風
いずれもイラストや美術にまつわる、その作品の持ち味のこと。

筆づかいや色彩、リズム感など「その作品の個性」をあらわすものです。

またイラストや漫画、美術の世界ではその時代ごとに「トレンドのタッチ」が変わってきます。

その時代にあった作風を描いていくことも、人気のイラストレーターに求められる条件です。

まとめ

「絵のタッチ」について、分かりやすくお伝えしました。

「絵のタッチ」とは、イラストや漫画の作風や画風のこと。

ほのぼのとした絵のタッチ、淡い絵のタッチ、力強い絵のタッチなどと用います。

「絵のタッチ」はストロークと呼ばれる、1本の線によって印象が大きく変わってきます。

美術作品やイラストを鑑賞するときの、豆知識として覚えておくと便利です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典