「集中投資」と「分散投資」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「集中投資」と「分散投資」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「集中投資」「分散投資」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「集中投資」とは?

「集中投資(しゅうちゅうとうし)」とは、「保有資産を一つの銘柄・分野・投資対象に集中して投資する投資のやり方」を意味しています。

「集中投資」は、一つの株の銘柄や投資対象が値上がりすれば大きな利益を得られるが、値下がりすれば大きな損失をこうむるという「ハイリスク・ハイリターンの特徴」を持っています。

また「集中投資」によって、「M&Aの実施・企業の経営権の確保」といったメリットを享受できることもあります。

「分散投資」とは?

「分散投資(ぶんさんとうし)」とは、「保有資産を複数の銘柄・分野・投資対象に分散して投資する投資のやり方」「投資する時期を分散する投資手法」を意味しています。

「分散投資」は、「価格変動リスク・値下がりリスクに強い」という意味で「投資のリスクヘッジがしやすい投資手法」なのです。

ただし「分散投資」で得られるリターンは市場の平均利回りに近づくので、一つの銘柄・対象に絞り込んで投資する「集中投資」のように大きな利益を上げられる可能性は低くなります。

「集中投資」と「分散投資」の違い!

「集中投資」「分散投資」の違いを、分かりやすく解説します。

「集中投資」「分散投資」はどちらも「株式投資を中心とする投資の手法・やり方」ですが、「集中投資」というのは「一つの株の銘柄・分野などに保有資産を集中して投資すること」を意味していて、「分散投資」のほうは「複数の株の銘柄・バラバラの分野などに保有資産を分散して投資すること」を意味している基本的な違いがあります。

「集中投資」「投資に成功すれば大きな利益を得られるが失敗すれば損失が膨らむハイリスク・ハイリターンの性格」があり、「株式投資であれば企業の所有権・経営権を握るような投資ができる特徴」も持っています。

それに対して「分散投資」のほうは「一つの銘柄(分野)で損失を出しても、別の銘柄(分野)で利益が出て損失を補填しやすいリスクヘッジの特徴」を持ち、安定したリターンを期待できる違いがあるのです。

まとめ

「集中投資」「分散投資」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「集中投資」とは「保有資産を一つの銘柄・投資対象に集中して投資するハイリスク・ハイリターンの投資手法」を意味していて、「分散投資」「保有資産を複数の銘柄・投資対象に分散して投資するリスクヘッジしやすい投資手法」を意味している違いがあります。

「集中投資」「分散投資」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典