2019-02

スポンサーリンク
意味と使い方

「入れ替わり立ち代わり」とは?意味や使い方を解説

「入れ替わり立ち代わり」 入れ替わり立ち代わりという表現は副詞で、多くの人が次々に絶え間なく出たり入ったりする様子、次から次へと、という意味を持っています。 入れ替わって、交代して、という意味もあります。 ...
ことわざ・慣用句

「案ずるより産むが易し」とは?意味や使い方を解説

「案ずるより産むが易し」 案ずるより産むが易しという表現は「あんするよりうむがやすし」と読み、物事を始める前にはあれやこれや心配をするものですが、いざやってみると案外簡単にできるものであるという例えになります。 ...
意味と使い方

「奇異の目にさらされる」とは?意味や使い方を解説

「奇異の目にさらされる」について 「奇異の目にさらされる」は「きいのめにさらされる」と読みます。 これだけで周囲の状況が伝わるので使い易い言葉です。 「奇異の目にさらされる」の意味とは 「奇異の目...
スポンサーリンク
意味と使い方

「ろくな目にあわない」とは?意味や使い方を解説

「ろくな目にあわない」 ろくな目に合わないというのはまっとうな状態にならない、きちんとした状態に遭遇しない、などという意味を指します。 ろくな、というのは陸な、碌な、と書き、物の正しいこと、真面目なこと、あるいはきち...
意味と使い方

「わだかまり(蟠り)」とは?意味や使い方を解説

「わだかまり(蟠り)」 わだかまりというのはすらすらと物事が運ばず、どこかでつっかえていることを指しています。 滞りということもできますし、心の中につっかえたようになって溜まっている感情を指すこともあります。 たま...
意味と使い方

「またとないチャンス」とは?意味や使い方を解説

「またとないチャンス」 「またとないチャンス」は、セールやキャンペーンの広告などでよく見かける表現です。 今しかない、と購買意欲を煽られるものですが、ビジネスや日常生活で使っている人もいるのではないでしょうか。 ...
ビジネス用語

「予めご了承ください」とは?意味や使い方を解説

「予めご了承ください」 「予めご了承ください」は「あらかじめごりょうしょうください」と読みます。 プライベートな会話で使うことはあまりない表現ですが、日常生活の中では、広告や張り紙、アナウンスなどでこの言葉を見聞きす...
ことわざ・慣用句

「火を見るより明らか」とは?意味や使い方を解説

「火を見るより明らか」 人は相手や物事に対して自然と疑いを持ったり、嘘をついたりもします。 時にはそれがわかりにくい・判断に迷うということもあります。 しかし中には疑いを必要としないほど明らかにわかるようなこともあ...
ことわざ・慣用句

「九死に一生を得る」とは?意味や使い方を解説

「九死に一生を得る」 「九死に一生を得る」は「きゅうしにいっしょうをえる」と読みます。 こういった体験をした人の話は雑誌やテレビで取り上げられることもあり、小説や映画の題材になることもあります。 それだけ稀な、奇跡...
意味と使い方

「端倪すべからざる」とは?意味や使い方を解説

「端倪すべからざる」 皆さん「端倪すべからざる」という言葉をご存知ですか。 あまり普段目にする機会の少ない言葉だと思います。 読み方は「たんげいすべからざる」、と読みます。 物事を安易に推測するべきではない、とい...
スポンサーリンク