スポンサーリンク
意味と使い方

「揶揄」とは?意味や使い方を解説

「揶揄」 「揶揄」は「やゆ」と読みます。 非常に難しい漢字で、読み方が試験に出ることもあります。 クイズでは「揶揄う」と送り仮名がついて出題されることもありますが、これは「からかう」と読みます。 「揶...
意味と使い方

「瞠目」とは?意味や使い方を解説

「瞠目」 「瞠目」は、「どうもく」と発音します。 あまり見聞きしない言葉ですが、とても感心した時や驚いた時などに使える表現です。 「瞠」の漢字は常用漢字ではない為、テレビなどのメディアなどで使われることはまずない言...
四文字熟語

「沈思黙考」とは?意味や使い方を解説

「沈思黙考」について 沈思黙考(ちんしもっこう)は、「沈思」と「黙考」の2つの言葉がくっ付いてできている言葉です。 それぞれの言葉に意味があり、それが合わさった意味で使われます。 「沈思黙考」の意味とは...
スポンサーリンク
意味と使い方

「完徹」とは?意味や使い方を解説

「完徹」 完徹は「かんてつ」と読み、上に徹夜をするということです。 徹夜という言葉は夜寝ることなく何かをするというイメージが強いですが、実際には夜を徹して何かをするということを指すことを指しており、少しだけ睡眠を取っ...
意味と使い方

「尊敬」とは?意味や使い方を解説

「尊敬」 尊敬という言葉は「そんけい」と読み、日常会話でも使われますし、ビジネスシーンでも非常に重要な表現となります。 他の人の人格や行為を価値高いものとして認め、頭を下げる、あるいはついていきたいと感じるような気持...
意味と使い方

「寡聞」とは?意味や使い方を解説

「寡聞」 「寡聞」は「かぶん」と読みます。 非常に読み方が難しく、しかも日常会話で使われることの少ない言葉です。 稀に「かもん」と読む人がいますが、一般的には「かぶん」です。 「寡聞」の意味 「...
意味と使い方

「読破」とは?意味や使い方を解説

「読破」 読破は「どくは」と読みます。 難解な書物や分厚い書物を最後まで読み通すことという意味を持っており、絵本のような簡単な読み物ではなく、百科事典のような分厚いものを最初から最後まで読み通すこと、すべて読むこと、...
意味と使い方

「本命」とは?意味や使い方を解説

「本命」 本命は、様々なジャンルで使われる言葉として有名です。 どのような場面での使われ方であれ、この言葉を聞いたことがない人は居ないとまで言ってもいいでしょう。 基本的に一番いい意味として使う言葉ですが、簡単に使...
意味と使い方

「風情」とは?意味や使い方を解説

「風情」 風情という言葉は「ふぜい」と読みます。 非常に主観的な表現ですからなかなか難しいと思う人もいるかもしれません。 風情というのは独特の趣、味わい、気配、様子などを指しており、日本に存在する美意識の1つだと言...
意味と使い方

「模索」とは?意味や使い方を解説

「模索」 新しいことを始めたり、方法や手段・これからがわからないときにどうすればいいか考えて行動します。 その時にどうすればいいのか分かっている人もいれば分からないながらも探るという人もいます。 後者の場合を「模索...
スポンサーリンク