スポンサーリンク
カタカナ語

「ゲラ」とは?意味や使い方を解説

「ゲラ」 この「ゲラ」は、2つの意味をもつ言葉です。 1つは出版業界で使われる用語として、校正用に刷ったもののことを指します。 これを元にして最終的なチェックが行われ、それによって最終稿が作成されます。 そして、...
意味と使い方

「杞憂」とは?意味や使い方を解説

「杞憂」 「杞憂」は「きゆう」と読みます。 難しい漢字で読みにくいのですが、ビジネスやプライベートでよく耳にする言葉です。 「杞憂」の意味 「杞憂」の意味は「無用な心配をすること」です。 常にネ...
意味と使い方

「異常」とは?意味や使い方を解説

「異常」 異常という表現は正常では無い、通常ではない、健常ではない、という意味の総称です。 人に対して使われる場合、そこには犯罪学や社会心理学が関わる場合もあります。 もっとも、何も持って異常とするかということに関...
スポンサーリンク
意味と使い方

「脚光」とは?意味や使い方を解説

「脚光」 この「脚光」は、元々演劇や舞台で使われていた言葉で、語源を聞くとそれが分かります。 それが今では普通に使われるようになり、ごく一般的な言葉となりました。 このような、元が舞台用語とも言える言葉から一般用語...
意味と使い方

「好評」とは?意味や使い方を解説

「好評」 好評という言葉は「こうひょう」と読み、良い評判という意味になります。 名詞や形容動詞として使われることがあり、評判の良いことやその要素を指しているのです。 好評の対義語は悪評、不評になります。 ...
意味と使い方

「辺鄙」とは?意味や使い方を解説

「辺鄙」 辺鄙という表現は「へんぴ」と読み、名詞や形容動詞として使われます。 都会から離れていて不便なこと、あるいはその様子を指しており、決して田舎という意味ではありません。 確かに田舎も辺鄙な地域ではありますが、...
意味と使い方

「呆然」とは?意味や使い方を解説

「呆然」 「呆然」は「ぼうぜん」と発音し、「我を忘れてしまった」様子に対して使われる言葉です。 「茫然」という表記することもあり、こちらでも発音、及び意味は全く一緒です。 その理由が「呆れた」、「突然のこと」という...
意味と使い方

「屠る」とは?意味や使い方を解説

「屠る」 この「屠る」と見て、パッと読むことができる人もそうは居ないでしょう。 「屠」の漢字には音読みと訓読みがありますが、先の音読みは知っていても、訓読みと言われると困ってしまう人も多いのではないでしょうか。 「...
意味と使い方

「絶許」とは?意味や使い方を解説

「絶許」 この「絶許」は、そのような言葉が正式に存在する訳ではなく、いわゆるネットスラングです。 読み方もまちまちで、「ぜつゆる」と読む場合もあれば、「ぜっきょ」と読まれることもあります。 そのように読み方が固定で...
意味と使い方

「庶出」とは?意味や使い方を解説

「庶出」 この「庶出」(しょしゅつ)は、昔はよく使われていた言葉ですが、現在ではあまり聞きません。 もう少し分かりやすい言葉で同じことが表現できるので、そちらの方が主に使われている為です。 しかし、少し昔の本などで...
スポンサーリンク