「抱き合わせ販売」と「セット販売」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「抱き合わせ販売」と「セット販売」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「抱き合わせ販売」「セット販売」の違いを分かりやすく説明していきます。

「抱き合わせ販売」とは?

「抱き合わせ販売(だきあわせはんばい)」とは、「本来の商品・サービスとは別の商品・サービスをセットで合わせて販売する方法」のことです。

「抱き合わせ販売」には特に、「独占禁止法違反・詐欺罪など法律違反の可能性があるセット販売」というネガティブなイメージがあります。

法律に違反していなくても「抱き合わせ販売」という言葉は、「顧客・消費者のメリットにならない(顧客・消費者が仕方なく買わされる)二つ以上の商品の組み合わせ」という意味のニュアンスが強いのです。

「セット販売」とは?

「セット販売(セットはんばい)」とは「ある商品・サービスと他の商品・サービスを組み合わせて一緒に販売する方法・手法」を意味しています。

「セット販売」は特に、「企業と顧客がWin-Winの関係になれるどちらも損をしないまっとうな販売方法」のことを示しています。

「セット販売」には「経費削減・在庫削減」といった企業側(売る側)のメリットがありますが、それと合わせて「顧客(買う側)が満足する二つ以上の商品の組み合わせ」が行われている販売方法のことなのです。

「抱き合わせ販売」と「セット販売」の違い!

「抱き合わせ販売」「セット販売」の違いを、分かりやすく解説します。

「抱き合わせ販売」「セット販売」は、どちらも「ある商品・サービスと他の商品・サービスを組み合わせて一緒に販売する手法」を意味していますが、「抱き合わせ販売」には「ネガティブなイメージ」があり、「セット販売」には「ポジティブなイメージ」があるという違いがあります。

「抱き合わせ販売」「セット販売」と比べると、「人気商品と不人気商品を組み合わせた法律違反の販売方法(消費者に不利益を与える恐れが強いセット販売の方法)」というネガティブな用法・文脈で使われやすいという違いを指摘できるのです。

まとめ

「抱き合わせ販売」「セット販売」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「抱き合わせ販売」とは「本来の商品・サービスとは別の商品・サービスをセットで販売」する方法。

特に法律違反の可能性があるセット販売」を意味していて、「セット販売」「ある商品・サービスと他の商品・サービスを組み合わせて販売する方法。 特に消費者に不利益を与えない販売」を意味している違いがあります。

「抱き合わせ販売」「セット販売」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典