ことわざ・慣用句

ことわざ・慣用句

「知恵を絞る」とは?意味や使い方を解説

「知恵を絞る」 知恵を絞るという表現を聞いたことがあるでしょうか。 一生懸命考えて良い意見を出そうとすることを「知恵を絞る」といいます。 自分の中にある知識や経験を踏まえ、1番良い考えを出そうとすることを指している...
ことわざ・慣用句

「名を冠する」とは?意味や使い方を解説

「名を冠する」 この「名を冠する」(なをかんする)は、歴史のある対象や、いわゆるスポンサー(協賛者や応援している人、団体)が付いている対象がそうだという場合が多いです。 大抵の場合はいい意味で使われる言葉ですが、必ず...
ことわざ・慣用句

「交友を持つ」とは?意味や使い方を解説

「交友を持つ」 人は、毎日の生活の中で、色々な人との付き合いがあります。 学校に行けば、クラスメートやクラブ活動の仲間や先輩・後輩とのやり取りがありますし、社会人になると、さらに付き合いの幅が広がり、同僚や上司・部下...
ことわざ・慣用句

「重きをなす」とは?意味や使い方を解説

「重きをなす」という言葉は、たまに耳にする方もいるでしょう。 意味・使い方など例文を含めていくつかご紹介するので参考にしてください。 「重きをなす」 「重きをなす」は「おもきをなす」と読みます。 ...
ことわざ・慣用句

「教育を施す」とは?意味や使い方を解説

「教育を施す」 教育は学生のうちに学校で受けるものという認識が多いです。 しかし実際には社会に出てからも教育は続きます。 そして成長していくにつれて「教育を受ける」側から「教育を施す」側に変わっていきます。 しか...
ことわざ・慣用句

「指導を仰ぐ」とは?意味や使い方を解説

「指導を仰ぐ」 「指導を仰ぐ」は「しどうをあおぐ」と読みます。 「仰ぐ」を「おおぐ」と読まない様に注意しましょう。 「指導を仰ぐ」の意味 「指導を仰ぐ」の意味は「上司や先輩にどの様な方法で取り組む...
ことわざ・慣用句

「問題を解く」とは?意味や使い方を解説

「問題を解く」 問題を解くという表現は誰もが今まで1度は使ったことがある表現なのではないでしょうか。 問題というのは解決を求める問いや試験などの問いを表しており、批判や論争、研究等の対象になる場合もあります。 そし...
ことわざ・慣用句

「是非を問う」とは?意味や使い方を解説

「是非を問う」について 是非を問うという表現は、比較的大きな世界で使われることが多いですが、団体やクラスの中などでも使うことができます。 「是非を問う」の意味とは 「是非を問う」は「ぜひをとう」と読...
ことわざ・慣用句

「念を入れる」とは?意味や使い方を解説

「念を入れる」について 物事を進めていく際、雑に行うときもあれば慎重に行うなどその内容や重要度・程度によって分かれます。 そして気を付けるという時には「念を入れる(ねんをいれる)」と表現されます。 日常的に使われる...
ことわざ・慣用句

「礼儀を払う」とは?意味や使い方を解説

「礼儀を払う」について 礼儀を払うと書いて、れいぎをはらうと読みます。 ある特定の人物に対して、礼儀を尽くした態度を取る表現なのですが、払うの意味としては、支払う、納入するといった意味以外にも、ある目的のために大切な...